プロブレム溢れて | ccpe8m | sa.yona.la help | tags | register | sign in

プロブレム溢れて

reply

昨日はたくさんお酒を飲んだ。

いつもの四人でたくさん飲んだ。

今朝は気持ち悪くて少し吐いた。

それくらいにたくさん飲んで、楽しかった、疲れた、毎度のことだけどお腹を壊した。


もしかして今ぼくらは厄年なのか?

それくらいに四人ともプロブレムを抱えていた。


10代だった頃のぼくたち、心配しなくていいぞ、ぼくたちは恥ずかしながら恋愛で悩むんだ。

セックス、できるぞ。

思わぬ形ですることになるけど、まあまあ好きな女の子とセックスすることになるぞ。

キス、するぞ。

おっぱい、見れるぜ。

女の子の買い物に付き合って、「似合ってるよ」って言ったり、店員さんに「彼氏さんはこーゆうの好きですか?笑」とか言われちゃうぜ。

彼女へのプレゼントで、何日か悩んだりするぜ。

泣かれたり、しちゃうかもな、嬉し泣き? ケンカで? それはまあ、そうだ。

びっくりするくらい恥ずかしいセリフ、言っちゃうんだぜ、言われることもあるけどな。


でもそんななんやかやはすべて、プロブレム。

幸せなプロブレム? ううん、そうじゃない。

不安、焦燥、嫉妬、憤怒、悲嘆、悔恨。

すべてはバッド・プロブレム。

まるで決まってたかのように、愛情の過多、つまり溢れ出す感情が行き過ぎた行動を呼び起こし、拒絶される。

そしてぼくたちは同じようなことを思う。

のめり込んじゃダメだ、昔からそんなこと知ってたじゃないか、いかに真剣にならないか、それがおれの人生だったじゃないか、どうして女が相手になった途端マジになっちゃってんの、気持ち悪いなおれ。


四人が四人ともそうなっちゃってんのはビックリだ。

ほんと気持ち悪い。

セックス、したからってなんもなかった。

その先、どうしたらいいのかわかんなかった。

ねぇ、どうしよう。

おれたち、どうしよう。

posted by ccpe8m | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.