オール・フィクション・ナンバーファイブ | ccpe8m | sa.yona.la help | tags | register | sign in

オール・フィクション・ナンバーファイブ

reply

たぶん、ぼくに愛がないせいで、こんなことになってんだと思います。

愛がないことで生じた悩みや問題というのは、生まれてから死ぬまで取り返しがつきません。

ぼくにはもう、無理なんです。

もう、取り戻せない。

あの時の後悔も、あの時の悲しみも、あの時の喜びも、あの時の幸せも、もう何も、ぼくの手元には残ってない。


ぼくが捨ててしまったからだ。

ぼくに愛がないから、ぼくは捨ててしまったんだ。

ぜんぶぜんぶ、ずっと大切にしたかったのに、放ってしまったんだ。

ぼくのせいだったんだ。




ぼくが許せないのは、知ってて乗っかったことじゃない。

ぼくに嘘をついたことを許せない。

乗らないと言って、乗りそうだから止めてくれと言って、ぼくはだから止めたのに、なのに嘘をついてまで、乗っかったんだ、君は。

君はぼくを殺したんだ、後ろから刺したんだ、それくらいのことをしたんだ。


Nの気持ちを、ぼくはもっとちゃんと代弁しなきゃならなかった。

そのことはぼくの落ち度だ。

でも、君なら、君だから、Nの気持ちをわかってやれたんじゃないのか。

ぼくが期待をし過ぎたのか?


ある意味、これは君を取るかNを取るか、という選択なのかもしれない。

ぼくは迷わずNを取り、そしてNに合わす顔なく、君たち二人の前から去りたいと思う。

二人とも、ぼくの友達だ、恩人だ、親友だ、戦友だ、った。

さようなら。



過ぎてしまった今、ぼくのせいだ。

ぼくには愛がなかったから、何にもできなかった。

これからだって、そうなんだろ?

一人で生きる、なんて生易しいもんじゃない。

誰とも生きていけない。

誰も愛せない。

これがぼくに与えられた罰だ。


これまでのことを思い出すよ。

高校時代に毎日一緒にご飯を食べたこと。

九州や三重に旅行に行ったこと。

美術館や博物館に行ったこと。

20歳になって、楽しくお酒を飲んだこと。

酔ったぼくが、君たちに迷惑をかけたね、本当にごめん。


本当にありがとう。

生きてて良かったと思えたことを、いつか訪れる最期の時には、まず君たちに感謝したいと思います。

さようなら。

posted by ccpe8m | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.