favorites of ccpe8m | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of ccpe8mall replies to ccpe8mfavorites of ccpe8m

この前の安倍総理のヨーロッパ歴訪

reply

 日本の総理がポルトガルを訪問したのは初めて。 イギリスとは鉄道 金融、ドイツとは自動車、ポルトガルとは何を通しての関係なのか? ここがミソ。 

 ポルトガルは人口1千万ほどで小さく、今まではスルーしていた。


 ヨーロッパ歴訪の中にポルトガルと聞いて 「あれ?」 と思う。 このひっかかりの直観が大事。 この 「あれ?」 の中に 「あっそうゆうことか..」 がたぶんある。

posted by x3ru9x | reply (0)

衝撃のデータ…なぜ野菜を食べない家は年収が低いのか 勝間和代 (1/5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

reply
 低収入世帯ほど野菜不足であるということが厚労省の国民健康・栄養調査で明らかになりました。一口に野菜といっても根菜か葉もの野菜かで摂取できる栄養素が異なるので、重量だけでは判断できません。いずれにしろ、生鮮食品を食べている層のほうが、健康に対する意識が高いのは確かです。

 カロリーの単価として考えると炭水化物が一番安価で、一方最も高価なのが野菜です。しかしカロリー単価だけではなく、大切なのは栄養単価で見ること。たとえば100グラムのホウレンソウが150円とすると、150円で手に入るホウレンソウの栄養価と150円のおにぎり一つで手に入る栄養価だと、100グラムのホウレンソウが圧倒的に優れています。

 こういった知識を、頭で理解しているかどうかが重要なのです。

衝撃のデータ…なぜ野菜を食べない家は年収が低いのか 勝間和代 (1/5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)


 年収 と 野菜 とを関係付けたくないけどね。 野菜や花の前では誰もが平等だ。

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10587

reply

 これから先、何かとポルトガルの話題が出て、ポルトガルとの交流が盛んになる。 一応 予想。

フランスの日本人気なんてフランスの方が日本を利用して商売しているだけ。 あんなものを真に受けてはいけない。

 この先、ポルトガルとの関係が日本台湾の関係に近くなる可能性がある。


 ポルトガル、人口 1053万人。 台湾、人口 2036万人。

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10586

reply

 インフラのところに外国資本を入れちゃダメ、ってチャンネル桜でもよく言っている。

それは物流にも言える。 物流に外国資本が入って外国のトラックが走るようになると すごくヤバイ。 日本にアマゾンの物流倉庫は入れても配達は日本の企業がやる。 そこには国防の意味もある。


 たぶんそれはヨーロッパも同じ。 それだから ポルトガルが日本の企業を物流に入れるということは、日本を信頼し先進的な技術を積極的に取り入れて国を興そうとしているということ。 つまり、ポルトガルがヨーロッパのどこの国よりも日本と一緒にやろうとしている。 フランスのジャパンエキスポなんてファッション的 表面的なもので、フランスが日本の物流技術を取り入れたりはしない。(つまり、フランス国内の道路は譲りませんよ、ということ)

posted by x3ru9x | reply (0)

ポルトガルから侵入してオランダの野菜工場を攻め落とす

reply

 ブラジルから農産物を輸入すると言いつつ、こちらからはアイメック農法と野菜工場を送り込む。

いやほんと そうゆう戦略があるのかも..。 ブラジルも肥満問題を抱えているし。

 ブラジルの言語は ブラジルポルトガル語で、ポルトガルとつながりがある。 ポルトガルと言えば、三菱ふそうがポルトガルの物流に入ってEVトラックを試している。


 このへんのことを考えると、日本はヨーロッパの西の端ポルトガルから新農法と次世代物流でヨーロッパに攻め入ろうとしているのかもしれないぞ。 ヨーロッバの西の端から攻めて、オランダのあの巨大な野菜工場を打ち倒す、という壮大なプラン。 そうゆうプランがあっても全然おかしくない。

 野菜工場には収穫のためのロボット、次世代物流には荷積みロボット、こうゆう近未来的でエコな技術をひっさげてじわじわとヨーロッパに侵攻していく と。

 その足がかりになる国がポルトガルで、ポルトガルに対して日本は、韓国や台湾に入って行ったのと同じやり方をしようとしている(のかも)。 つまり大日本帝国のやり方。 (まっ先に相手国の中に物流網を築いてしまう)

 まずは ポルトガルの攻略だ。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: 世界中の何処でも全く同じ品質の野菜が採れたら、

http://x3ru9x.sa.yona.la/10584

reply

 その土地のもの、季節のもの はアイメック栽培の方でやるかもしれないですねぇ。 まぁまだそれは試されてなくて これからというところでしょう。

 アイメック栽培 と 野菜工場もの の掛けあわせでバリエーションを豊かにできると思う。

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10582

reply

 アイメック栽培 と LED野菜工場。 今このへんが盛り上がっている。

posted by x3ru9x | reply (0)

あまいトマトジュース 糖度10

reply


 コンビニでこのジュースを買って飲んだ。 ゴックゴク飲めてうまかった。


 これはあれだ、あのフィルム(アイメックフィルム)で作ったトマトかもしれないな。

 (ベンチャー企業メビオール(神奈川県平塚市))

● ‘フィルム1枚で農場革命’ -



posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10580

reply

 しかし、野菜工場も新規に建物を建てるとなると苦しくなる。 まずは 今ある建物の再利用から。


 トマトとレタスと言えばハンバーガーだ。 ハンバーガーと言えばアメリカ。


 サラダの中に一夜漬けの野菜が入っていてもうまいから、日本の漬物をミックスした新メニューというのも考えられる。


 アメリカで一夜漬けの料理講習会を開いている 料理研究家のおばちゃん(日本人)がいたなぁ。


 ということで、野菜の食べ方の一例がついた野菜工場が輸出される と。 付加価値が付いていてサービスいいですねー。 このおまけで面白くなる。 商売のための一工夫。



 いいのありまっせ。 よくこの浅漬けの元を開発していたものだ。 ここにきてフィーチャリング。


 野菜工場は勝つ。

posted by x3ru9x | reply (0)

大成建・スタンレー電気、LED光源のユニット開発−“見せる”植物栽培:日 刊工業新聞

reply
 大成建設はスタンレー電気と共同で、ショーケースのように設置できる小型の発光ダイオード(LED)面光源パネルを使った完全閉鎖型植物栽培ユニットを開発した。
 植物の屋内人工栽培は外部環境の影響を受けず、農薬も使わないため安全面で消費者ニーズがある。また、安定調達が可能で植物工場を持つ外食チェーンも出始め、新製品として「店で“見せる”植物栽培ユニット」(山中宏夫大成建エンジニアリング本部食品施設グループシニア・エンジニア)を開発した。
 両社が植物工場向けに製品化している栽培ユニットのLED面光源パネルは大きさ600ミリメートル角だったが、スタンレーが新たに半分の600ミリ×300ミリメートルで製作し、大成建のエンジ本部が設計して完全閉鎖型ユニットにまとめた。工場向けユニットは栽培面積を確保するため600ミリメートル角の面光源パネル3枚を並べ、開架型ラック7段積みが標準仕様。

大成建・スタンレー電気、LED光源のユニット開発−“見せる”植物栽培:日刊工業新聞


 スタンレー電気と大成建設も野菜工場をやっている。


>> 安定調達が可能で植物工場を持つ外食チェーンも出始め.. <<


 マクドナルドも野菜工場を取り入れて、野菜多めの新メニューを出してくるかも..

マクドナルドも今のままじゃダメ。 レタスが一枚しか入ってない。


 宮城の野菜工場は、GE と(株)みらい。

posted by x3ru9x | reply (1)

パナ、シンガポールで野菜工場/売上高100億円目指す 四国新聞社

reply
 パナソニックが、シンガポールで「野菜工場」の試験操業を始めたことが17日分かった。電子部品を基板に取り付ける工場の一角を利用し、光を当てる量や温度を先端技術で管理。ゴボウなど新鮮な根菜類を地元の給食や弁当業者に提供する。

 パナソニックは農業関連事業に力を入れており、アジアでも市場を開拓する。野菜販売が軌道に乗れば、生産をシステム化して装置を工場で製造し、東南アジアの企業などに売り込み、売上高100億円規模を目指す。

 シンガポールは国土が狭く、野菜の多くをマレーシアなどから輸入しており、現地生産する新鮮な野菜には大きな需要が見込めると判断した。

パナ、シンガポールで野菜工場/売上高100億円目指す | 全国ニュース | 四国新聞社


 野菜工場、マグロの養殖、が本格的になってきた。

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10577

reply

>>

 杭州市では1991年、郊外の天子嶺地区に設けたごみ廃棄場の使用を始めた。現在、同廃棄場の「ごみの山」の高さは100メートルに達した。165メートルが上限で、それ以上のごみの受け入れはできないという。

<<


 100mのゴミ山

posted by x3ru9x | reply (0)

アントノフ

reply

 撃ち落とされたウクライナの輸送機。 プロペラ機だったか..

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: 哲学者に自殺者が多い理由もそこにある気がします。

"好奇心はスタートダッシュだけ"

reply

ものすごく思い当たる節があって、びっくりというかどっきりというか

時々めんどくさがりが死んだようにいろんな物事に手を出す割りに

「好きなもの」聞かれると全然しゃべれないのはシャイなのかミーハーなのかと思っていたけれどもしかすると

posted by gt7u9x | reply (1)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1329

reply

これはたぶん言わなくてもいいことである


貧困によるモラルハザード、でもない気がする

十分な(そしてかなり偏屈になった)モラルそのままに貧困のビジョンを持って生まれた(生まれ変わった)新しいいきものだ

おおよそまともな歯車がちょっとしたタイミングのずれで噛んでしまうようなものだ

posted by gt7u9x | reply (0)

中国のセブンイレブン

reply

 中国では「柒—拾壹」という。セブン-イレブン・ジャパンの子会社であるセブン-イレブン北京有限公司が2004年4月15日北京市に、2009年9月17日天津市にそれぞれオープンして展開し、セブン-イレブン成都有限公司が成都市に展開している。他の地域では、広東では香港で展開するディリー・ファームが、上海市では台湾で展開する統一超商が展開している。全て合わせて、2011年9月時点で1,732店舗が営業中。

posted by x3ru9x | reply (0)

イオン、中国で大型SC、15ケ所新設、中南部含め広域展開

reply


 イオンは2016年度末までに中国で大型SCを15カ所新設し、計20カ所程度に増やす。現状は華北の北京市と天津市にとどまっているが、華中や華南にも展開する。中国では自動車の保有台数が増えており、郊外でも中間所得層向けの都市開発が進む。自動車を使い家族で買い物をする生活スタイルが広がるとみて展開地域を拡大する。

 (イオンの大型SCは国内も中国も家族が楽しめるライブ空間の構築が課題)

-----


 中国は省によってGDPが違う。

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10573

reply

 本当の地図。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: 庶民の食べ物というのは、実際、どれくらい美味いものなのか。

http://q7ny3v.sa.yona.la/1973

reply

美味さの思い出っていうのはなかなかセンセイションであって、同じに仕立てられたものがいつでも同じく美味いかというとそれはちょっと違うのかもしれない。例えば茨城北部袋田の滝絶好の観光地でいい加減に炉端焼いてる鮎、おい川魚どうだよ、それが美味い。違う人と同じ場所へ行く、こいつが美味かったんだぜと吹聴して一緒に食ってアレ?的な。がっかりさせちゃいけないので言わないけど、もしかして季節が違ったりその日の仕入れが違ったりするかもしれないけれどまぁ普通の旅行者には「来週同じ場所に来て下さい」美味しんぼメソッドは通用しないので納得しなきゃしょうがないわけで。「真」てのは育って形成された味覚とその場の雰囲気と一緒に食ったもしくは紹介された人との関係と信頼と。味覚は残念ながら独立して「美味さ」を判断するために備わっている能力ではなく、毒を嗅ぎ分けるための必然だ。

これを聞きながらタイプした寄せて言っちゃうね、笑。

http://www.tbsradio.jp/utamaru/2014/07/712_954.html

posted by q7ny3v | reply (0)

Re: 仕事場の近所の神社が夏祭り。さっき路地裏のビルの陰でねっとりとした濃厚な 接吻を交わしていた男女に告ぐ

http://q7ny3v.sa.yona.la/1972

reply

イェー

posted by q7ny3v | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.